Wi-Fiルーター

ガジェット ライフグッズ

【おすすめ】Wi-Fi6対応ルーターはどれ?検討時チェックポイント

投稿日:

5Gと共に少しずつWi-Fi6が浸透してきている現在、自宅のWi-Fiルーターもアップグレードしてより便利で快適な生活に変えようと考えている方は多いのではないでしょうか。

ワイヤレスでインターネットに繋がることが当たり前のように行われている現代では、”通信”は家や学校、職場などのあらゆる場所で常に重要な役割を担っています。

これまで以上にとにかく速くてスムーズに接続が可能なWi-Fi6を使用するなら、まずはルーターを購入する必要がありますね。

今回は、Wi-Fi6対応のルーターや選ぶ時のチェックポイントについてご紹介していきます!

 

Wi-Fi6と5G

「Wi-Fi6」と言われてもあまりピンと来ない方も多いかもしれませんが、この「6」という数字はWi-Fiの第6世代の規格であることを示しています。

Wi-Fi6については、こちらの記事でより詳しく説明しています↓

一方で最近CMなどでもよく見たり聞いたりする「5G」は「5 Generation」の略称で、第5世代の移動通信システムのことを指します。

とにかく高速で通信のやりとりが行えて、同時に複数の機器と接続するのにも適しています。

しかし、通信距離が短いというのが難点です。

それを、Wi-Fi6で補うことで広範囲に安定した高速な通信を届けることが可能になります。

5Gがアンテナ、Wi-Fi6が電線というようなイメージです!

テレビ会議やオンラインゲームもサクサクと動くようになりますね。

 

選ぶ時のチェックポイント

Wi-Fiルーターを選ぶ際には、

  • Wi-Fiの規格
  • 有線LAN端子
  • IPv6 IPoE対応

主に上記のことに注目して比較すると良いと思います!

 

Wi-Fiの規格

「Wi-Fi」は一般的によく使用される名称ですが、愛称のようなもので、同じWi-Fi6対応のルーターでも別の言葉で表記されることもあります。

Wi-Fi6の場合、

  • Wi-Fi6
  • IEEE 802.11 ax
  • 11ax

このように書かれているものがほとんどで、全て同じ「Wi-Fi6」という意味を持つので、まずは規格をチェックしてみて上記のような表記がされているか確認してみましょう!

 

有線LAN端子

Wi-Fiはワイヤレスでとても便利かつ高速通信が可能になってきているので、有線端子の出番が減ってきているかもしれません。

しかし、PCやゲーム機など直接ケーブルで繋ぐこともありますよね。

有線はケーブルの長さに限界があったり、ケーブルだらけで部屋がごちゃついて見えたり、煩わしさを感じるところもありますが、途中で接続が途切れることがなく安定したネット環境を維持できるというメリットがあります。

だから、Wi-Fiルーターの有線LAN端子の種類や差込口の数にも注目しておきたいところ!

人によって使用する機器の種類や個数が異なるところなので、適切なものを探してみてくださいね。

Wi-Fi6はこれまでよりもさらに高速化しているので、有線でもその力を活かすことが出来ます◎

 

IPv6 IPoE対応

何だか見慣れない言葉かもしれませんが、「IPv6」IP(インターネットプロトコル)の第6版「IPoE」はイーサネットとIP通信を行う接続規格のことを指します。

以前はIPv4でIPアドレス(ネットワーク上の住所のようなもの)が割り振られていたのですが、これでは「IPアドレスが足りなくなる!」といった問題を、今はIPv6が無限とも言えるIPアドレス数で解決してくれています。

また、もともとは電話回線だったPPPoE方式よりも簡単でスムーズにインターネットに接続できるIPoE方式の接続規格であれば、通信速度が速いだけでなく安定性にも優れています。

その為、Wi-Fi6の特性を現状最大限に引き出すことが可能なのは、”IPv6とIPoEに対応したルーター”という訳です。

 

Wi-Fi6対応のルーター

Wi-Fi6、IPv6、IPoEに対応しているおすすめのルーターをご紹介!

存在感のある大きめのものが多い印象なので、設置場所によってはサイズが合わない可能性も考えられます。

上記のチェックポイントと併せて、丁度良いサイズ感のものを見つけてみてくださいね。

以下では、

  • スペック:Wi-Fi6、IPv6、IPoE対応
  • サイズ:コンパクト
  • 価格:1万円前後

このように出来るだけ費用を抑えて高速Wi-Fiに切り替えたい人にもぴったりな1万円前後で購入できる製品をまとめてみました!

 

面倒な設定が簡単!初心者にもおすすめ

WSR-1800AX4S-BK バッファロー 11ax(Wi-Fi 6)対応 無線LANルータ 親機(1201 573mbps)(ブラック)

価格:8,800円
(2021/5/11 12:59時点)

丸みのあるデザインが特徴的なバッファローのルーターです。

比較的薄型で、立て置きだけでなく壁に掛けておくことも可能です!

色違いで白色もあるので、お部屋の雰囲気に合わせて選べます。

設定方法を動画で紹介されているので、初めて購入される場合でも分かりやすくて簡単に設置することが出来ます◎

また、ワンプッシュでこれまで使っていたルーターの環境を引き継ぐことができる「無線引越し機能」も魅力です。

 

コンパクトサイズが魅力!アンテナ付き

I-O DATA アイ・オー・データ WN-DEAX1800GRW Wi-Fiルーター 1201+574Mbps ホワイト

価格:8,529円
(2021/5/11 13:18時点)

スタンド〜アンテナを立てた状態でのサイズが幅7x高さ24.5x奥行14.5cmとコンパクトなルーターです!

アンテナは可動式なので、手動で向きを調節することが出来ます。

また、専用アプリとの連携により、現在地の電波の強さを目で見て確認することができるので、電波がつながりやすい場所が見つけやすくなります◎

 

広範囲に電波を届けるホームルーター!

NEC PA-WX3000HP Aterm Wi-Fiホームルータ

価格:10,950円
(2021/5/11 13:33時点)

シンプルなデザインで、壁掛けにも対応◎

同じ建物内でも電波が届きにくい場所がありますが、ルーターから遠い場所でも速度が落ちにくい「ハイパワーシステム」を採用している為、これまでよりも広い範囲に電波が行き届くようになります!

その為、大きめのマンション3階建てのおうちで家族で利用するのにも適しています。

 

まとめ

今回は、Wi-Fi6対応のルーターについて、購入前にチェックしておきたい項目やオススメの製品をご紹介しました!

1万円以下でも十分なスペックとデザインを兼ね備えたルーターが多い印象です。

Wi-Fiを切り替えるだけで、より速く安定した通信環境を得られるので、ぜひWi-Fi6で快適な生活を体験してみてくださいね。

ただし、使用しているスマホやPCがWi-Fi6に対応していなければ今までと変わりありませんので注意しましょう。

 

 

    -ガジェット, ライフグッズ

    Copyright© イトマルブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.