登山道

スマートウォッチ

アウトドア系?「Apple Watch Ultra」の特徴と選べる専用バンド

投稿日:

2022年9月にApple社から発表、発売された新作スマートウォッチの「Apple Watch Ultra」。

公式サイトを閲覧してみて、これまでの「Apple Watch」とはまた一味違った印象を感じました。

本記事では、その特徴と専用のバンドについて出来るだけ簡単にまとめていきたいと思います!

 

アウトドア系?「Apple Watch Ultra」とは

2022年9月23日にApple社から発売された「Apple Watch」シリーズの新作で、「Series 8」の性能に加え、これまで以上にスポーツやアウトドア時に活躍する機能等が備わっているようです。

具体的には、丈夫なチタン製ケースが使用されていることや水深40mまで潜っても耐えられる耐水性能、最長で36時間使用できるバッテリーなどが挙げられ、総じて耐久性が高く、少々ゴツめなデザインになっています。

その為、普段使い用というよりはアウトドア向けのスマートウォッチという印象です。

 

価格と見た目の特徴

これまでの「Apple Watch」シリーズでは、アルミニウムやステンレスなどの素材、「GPSモデル」か「GPS+Cellularモデル」かを選択でき、その組み合わせ方によって価格が異なっていました。

しかし、今作では中でも丈夫な素材のチタニウム製で「GPS+Cellularモデル」のみの展開になっています。

 

価格

前作の「Series 8」、「SE」では今作と同じチタニウム製のものが無い為、「GPS+Cellularモデル」同士で比較すると、

  • Series 8(GPS+Cellularモデル)・・・74,800円〜
  • SE(GPS+Cellularモデル)・・・45,800円〜
  •  Ultra・・・124,800円

*全て税込価格。

このように最安値で見ると「Ultra」がかなり高価に感じますが、

旧作の「Apple Watch Series 7 Edition (GPS+Cellular)チタニウム」と比較した場合、

  • Series 7 Edition・・・112,800円(41mm)、119,800円(45mm)
  • Ultra・・・124,800円

*全て税込価格。

「Ultra」は49mmなので、全く同じではないのですが、こうして見てみると特別に高すぎる価格設定ではなさそうに感じます。

確かに、大体同じくらいの金額で「iPhone14」が買えると思うと高いようにも感じますが、数十万、数百万円する高級腕時計よりは手が届きやすいと思うので、この製品をどう捉えるのかにもよるのかなーと思いました。

 

見た目

上記で書いてしまいましたが、今作のケースサイズは今まで登場してきた「Apple Watch」史上最大の49mmと、大きめのサイズ感になっています。

重量も61.3gとやや重ためです。

アウトドア系の腕時計として考えるとあまり違和感が無い人もいれば、この大きさと重さがネックに思う人もいそうですね。

また、新しく自分好みにカスタム可能な「アクションボタン」が追加されているので、よく使う機能を設定しておくとより便利で使い勝手が良くなりそうです。

 

上記参考:Apple公式サイト「Watch -モデルを比較する-」(https://www.apple.com/jp/watch/compare/

 

機能・性能の特徴

「Series 8」に追加された主な機能・性能として、

  • 耐久性の向上
  • 2日以上使えるバッテリー
  • ナイトモードの搭載
  • 高精度なGPSとサイレン機能

が挙げられます。

日常的な健康管理だけでなく、野外で活動する時や非常時に役立つ機能が強化されているように思います。

 

耐久性の向上

丈夫なチタニウム製のカバーのほかにも、ダイビングアクセサリの規格「EN13319」に準拠、水温センサー搭載の水深系が加わり、泳げる耐水性能に水深40mまでのレクリエーションダイビングも可能になっています。

 

2日以上使えるバッテリー

「Series 8」では最大18時間使えたバッテリーが、「Ultra」では最大36時間、低電力モードなら60時間使うことができるようになり、大幅に稼働時間が長くなっています。

 

ナイトモードの搭載

これまでで最も大きく最大輝度2,000ニトの明るさのディスプレイには、黒背景で赤文字になるナイトモードが搭載されています。

これなら明るすぎないので、夜間や暗所でも目への影響を極力抑えることができますね。

 

高精度なGPSとサイレン機能

L5 GPSが加わって2周波になり、電波を遮りやすい環境でも高い精度で現在地が分かるよう、GPS機能がパワーアップしています。

また、最大で180m先にまで伝わる86dBのサイレン機能が追加され、より大きな音で警報音を届けられるようになっています。

 

上記参考:Apple公式サイト「Apple Watch Ultra」(https://www.apple.com/jp/apple-watch-ultra/

 

シーンに合わせて選べる専用バンド

専用のバンド部分もシーンに合わせて選べる新しい設計のものが登場しています!

  1. 「アルパインループ」
  2. 「トレイルループ」
  3. 「オーシャンバンド」

 

アルパインループ

特に登山や山道などに向いていて、2層のナイロン素材でできたバンド。

半円形のループが特徴的で、G字型のフックで止めるタイプです。

カラー展開は、「グリーン」、「オレンジ」、「スターライト」の3色。

 

トレイルループ

特に走る等の陸上競技向けで、素材はナイロンのウェビング生地。

伸縮性もあり、プルタブで好きな位置に固定可能です。

カラー展開は、「イエロー/ベージュ」、「ブルー/グレイ」、「ブラック/グレイ」の3色。

 

オーシャンバンド

特にダイビングなどの水に接するスポーツ向けで、素材はフルオロエラストマーという耐熱・耐油性のあるゴム製バンド。

横から見ると丸く繰り抜かれた穴が空いているのが特徴的で、チタニウムバックルでしっかり固定できます。

また、別売りのエクステンションバンドを使えば厚みのあるウェットスーツの上からでも装着可能のようです。

カラー展開は、「ミッドナイト」、「ホワイト」、「イエロー」の3色。

 

上記参考:Apple公式サイト「Apple Watch のバンドを購入」(https://www.apple.com/jp/shop/watch/bands

 

 

まとめ

今回は、今秋発売されたApple社の新作ウォッチ「Apple Watch Ultra」の特徴と専用のバンドについて簡単にまとめてみました。

日常生活だけでなく、アクティブに活動する時間や環境に対応した機能や性能が加わり、今までとはまた違った印象の「Apple Watch」だと思いました。

さらに、どんなスポーツシーンで使用するかによって選べる専用のバンドも登場していて、活動中に装着していてもより快適に過ごすことができそうです。

普段使いから健康管理、アウトドアや様々なスポーツシーンで大いに活躍してくれそうな高いスペックが魅力的な製品ですね。

 

    -スマートウォッチ

    Copyright© イトマルブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.